駆け足ですぎた
萌える風香る!!

Vol.58

since1999

キャンプニュースはカントリーインキャンプのかわら版です

青木湖、中綱湖、木崎湖、そして北アルプス
●春が来た!
●おすすめ!春の散策
●春のイベントガイド
●山の恵み、山菜を楽しむ
●この春は川遊びから始めよう!!
●マンガと読書、キャンプの本棚から
●暖炉巷談

●BLOG●back number Vol. 1ー2 -3 -4 -5 -6 -7 -8 -9 -10-11-12-13-14-15-16-17-18ー19
ー20ー21ー22ー23ー24ー25ー26ー27ー28ー29ー30ー31ー32ー33ー34ー35ー36ー3738ー3940-41ー42.43-44 -45-46-47-48-49-50ー5152ー53ー5455-56-57ー58_59

春が来た!

例年になくはやい春の訪れです。4月の頭から福寿草は満開。新緑の季節も駆け足でやってきそうです。

もうすぐ一部開通、17日には全線開通のアルペンルート


立山黒部アルペンルートは4月10日に大町〜室堂間が開通します。この日は、アルペンルートオープンカーニバルが開催されます。
4月17日に大町〜立山間が全線開通し、室堂で雪の大谷ウォークが4月17日〜5月31日まで行われます室堂の雪の壁の名所“雪の大谷”は15mもあるといいます。

  

おすすめ!春の散策

一年の内で一番いきいきとして美しい季節です。里から山に色とりどりのパステルカラーに染まっていく様はうなるばかり。
近年の人気は、やはり中綱湖でしょうか。エメラルド色の湖水に映る満開の山桜は一度見ると忘れられません。

2008春

ゴールデンウイークには大町から白馬、小谷にかけてハイキングを楽しむ毎年恒例の塩の道祭りが行われます。昔の旅姿をしたり
牛や馬とこぶし咲きさくら咲く新緑の古道を歩くのも本当に気持の良いものです。

山の恵み、山菜を楽しむ

春の一番は、ふきのとうです。土の中から顔を出すふきまんぶくは明るい草色の衣に包まれた赤ちゃんのようでかわいい。
ふきのとうは、天ぷらにしてもちょっとした苦味と独特の風味でおいしく、又、味噌汁の具にもしても美味しくいただけます。
ふきのとうを刻んで味噌と少々の砂糖を入れていためるとふき味噌の出来上がり。ごはんが進みますよ!

この後に続くのは、こしあぶら、こごみ、山ぶどう、山うど、それから王様たらの芽です。それからきのこもわすれてはいけません。
新緑の庭でさっと天ぷらにしていただくと、またいっそう美味しく感じます。山に暮らす最高の贅沢ですね。

この春は川遊びから始めよう!!

北アルプスを源流に多くの川が流れるこの辺りです。どの川も昔は暴れ川だったようですが、治水のおかげで誰もが楽しめる川となりました。
ダムのおかげで水なし川といった感もありますが‥‥。まだ春先は雪解け水で痺れるような冷たさですが、口にふくむとそれはそれはホントの水の味がして
びっくりされることでしょう。おいしい!日だまりのまっしろい砂と大小様々な石で遊んだり、流木を拾うのも楽しい。河原を渡る風もホントにさわやか!

春の体験教室

川で拾ってきた流木で作る大きなカブト虫やクワガタ虫が人気でした。
流木を眺めながら想像力を駆使して、何かを作り上げた時の喜びはきっと満足感でいっぱいです。

今年から、流木の小枝で作るアクセサリーも始めます。

        

いつも人気の木人です。でも時間と根気がいります。左右は木人の貯金箱。

カヌーで春の湖にこぎだそう

青木湖はまだ減水状態だけどカヤックで早く湖にでたいことしきり。山のエメラルドの湖はカヌー、カヤックを始めるのには最高!
川と違って湖はどこに行くにしても漕がなければならずちょっと体力がいるけれど、それもまたよし。都会の喧噪から離れて湖の真中にミズスマシのように
湖水から山と空を眺めると、なんだか時間もワープして異空間に来たような気分になる。さあ、春の湖にこぎだそう!

マンガと読書、キャンプの本棚から

  

キャンプにはダイニングの1Fと2Fに本棚があります。1Fの本棚には図鑑や画集、洋書や雑誌、新しめの単行本等。
2FにはSFを集めた本棚、小説の単行本の本棚、昔からの60年代くらいからの雑誌、絵本の本棚、それから、マンガの本棚があります。
なかなか捨てきれないまま集まってしまった本達で、ほんの好きな人たちには大人気です。数えたことはないのですが、種々様々多岐に渡って
何千冊かです。実は公開してないものも同じくらいあってちょっと大変だったりします。

 

最近、世界中で日本のマンガが大ブレイクしています。中高年の方にはまだまだマンガに拒否感のある方が多いようですが、その色々な種類と多様さ
そしてその表現力のすばらしさにおいて他のメディアの追随を許さない、しかも世界の中でも他に見ることのできない注目すべき文化であると思います。

という訳で、キャンプにはマニアックなものからベストセラーに至るまでお気に入りのマンガが並んでいます。ぜひ一度、手に撮られてはいかがでしょう!?

春の大町、安曇野ガイド 信州安曇野総合案内所 ←詳しくはこちら

安曇平から白馬、小谷にかけ春を喜ぶイベントがたくさん催されます。ふきのとう等、山菜の天ぷらや豚汁等がふるまわれて
地元の暖かいおもてなしに触れることができます。

大きなイベント

* 05/04(月、祝)、安曇野市堀金で『あづみの公園 早春賦音楽祭』
* 05/03(日)、04(月、祝)、05(火,祝)、小谷村、白馬村、大町市で『第30回塩の道祭り』
         山里の散歩は、道端の草や民家やなんでもないものに目がいきます。
* 05/16(土)、17(日)、池田町で『第2回いけだまち北アルプス展望ウォーク』
         池田美術館から見るアルプスと田園風景はすばらしいです。
* 05/30(土)、31(日)、松本市あがたの森で『クラフトフェアまつもと2009』
         すてきな作家さんのアートがいっぱいで楽しいです。

普通イベント

* 04/10(金)、大町市で『立山黒部アルペンルートオープンカーニバル 佐々成政一行エキストラ募集』
* 04/10(金)、大町市で『立山黒部アルペンルートオープンカーニバル 一般招待者募集』。
* 04/11(土)、松川村で『安曇野ちひろ美術館「フォト×俳句を語る」中谷吉隆×坊城俊樹』
* 04/11(土)、松本市中央で『信州松本2009おらが酒呑み歩き』が行われます。
* 04/11(土)、12(日)、安曇野市豊科で『4/11紙飛行機教室、4/12第10回 安曇野紙飛行機競技大会〜飯沼飛行士記念大会〜』
* 04/12(日)、松川村で『ハロー安曇野フリーマーケット』
* 04/18(土)、生坂村で『山カフェ ヒカゲツツジを見に行こう♪』
* 04/18(土)、19(日)、安曇野市、池田町で『安曇野ペンション協議会20周年記念イベント-4月「陸郷 山桜トレッキング」』
* 04/18(土)、19(日)、池田町で『陸郷山桜トレッキング』
* 04/18(土)、安曇野市豊科で『田淵行男記念館 第1回おもしろ自然教室』が行われます。
* 04/19(日)、松川村で『安曇野ちひろ美術館スライドトーク「夢と記憶の画家 茂田井武」』
* 04/19(日)、大町アースデイ、ライブやワークショップ、地球を考える一日
* 04/25(土)、安曇野市豊科で『豊科近代美術館 白髪一雄展記念講演会』が行われます。
* 05/03(日)、小谷村で『駅からハイキング 塩の道祭り 千国街道を歩く』が行われます。
* 05/09(土)、10(日)、16(土)、17(日)、23(土)、24(日)、大町市で『雪形ウォッチング』

自然へ
* 05/23(土)、池田町、松川村で『駅からハイキング ぐるっと池田 街中散策』
* 05/24(日)、白馬村で『駅からハイキング 北アルプスの麓 姫川源流を歩く』
* 05/30(土)、松川村で『駅からハイキング いわさきちひろが愛した松川村を歩く』
* 06/13(土)〜14(日)、小谷村で『第20回 つがいけサイクル2009』



暖炉巷談

今年は暖かく本当に雪の少ない冬でした。不況のせいもあってスキー場も淋しい感じ。それでも、最高のコンディションの時もあって
そんな時にこられたお客さんはもちろん大喜びでした。それにしても、スキーやスノーボード人口がこんなになってしまうとは!
日本の人口の減りかたの比ではありません。危機的状況です。宿をやっているからという意味ではなく文化としてのスキーや
ウインタースポーツの伝統がまるでなくなってしまうかの印象を受けます。淋しい限りです。

先日キャンプの春休みということで、東京にでかけました。中でも印象深かったのは青山の岡本太郎記念館です。
小さなこじんまりとした記念館ながら、芸術は爆発だ!の息吹を感じることができ楽しい時間を過ごせました。



ビリケン商会さんで、近くに奈良美智さんのAtoZ cafeがあると教えてもらいおのぼりの本領発揮です。
お店の中に小屋があって、かわいい絵や落書き!?が机にも描いてある。窓から見える景色はたくさんのビルの屋上、コンデンサーの並ぶ風景。



私事ですが友達が大船でBarを始めました。ニール・ヤング&クレージーホースのアルバムタイトルからとった「ZUMA」というお店です。

青山墓地の桜並木はまだこれからといった感じでした。

ほとんどいかない東京ですが、行けばなにかのヒントをもらって帰ってきます。CAMPヘいらしてくれるお客様にもなにかのきっかけを持って帰っていただければと願っています。